白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

あんなに財布の紐が固かったお客が、自分から「買いたい」と言って来ます。「説得の心理技術」

 私は令和時代になり、ショッピングモールを歩いていると、人に商品を購入させることに長けている人を見かけました。

 人に商品を購入させることに長けている人は、外見から判断すると、2歳から3歳でした。

 あなたは、「まさか」と思いましたよね。

f:id:osusumeshoseki:20200331131621j:plain

 

●あなたは、2歳から3歳の子供のように商品・サービスを購入して貰うために粘ったことはありますか

 2歳から3歳の子供は、特に自分が「欲しい」と一度でも思ってしまったおもちゃ・お菓子は意地でも手に入れないと気が済みません。

 2歳から3歳の子供が、母親に「ほちい」と言うと、母親は2歳から3歳の子供に「いらないの」と言い、そっと2歳から3歳の子供が手にしたおもちゃ・お菓子をもとの場所に戻していました。

 母親が、2歳から3歳の子供に「行くよ」と言うと、2歳から3歳の子供は再び「欲しい」と思ったおもちゃ・お菓子を手にし、母親に「はちいの」と言っていました。

 母親が、2歳から3歳の子供に再び「先、あそこで買ったでちょ」と言い、2歳から3歳の子供が手にしたおもちゃ・お菓子をもとの場所に戻し、「行くよ」と言っていました。

 2歳から3歳の子供が、言葉では母親を説得できないと考え、突然、大声で泣き始め、慌てた母親は、2歳から3歳の子供に「先、買ったでしょう。だから泣き止んで」と言っていました。

 2歳から3歳の子供は、何やまず、母親が2歳から3歳の子供に「もう知らない。勝手にしなさい。ママは先に帰っているね」と言われても、大声で泣き続けていました。

 次第に周りの人が、母親に対して、「え。虐待しているんじゃなの」と思わんばかりの目を向けるようになっていました。

 母親は居ても立ってもいられなくなり、2歳から3歳の子供のもとに戻り、「ねえ。どれがほちいの」と言い、2歳から3歳の子供が泣き止み、母親に「これとこれでちゅ」と言うと、母親は2歳から3歳の子供に「約束できまちゅか。これを買ってあげたら、大人しくおうちにかえりまちゅか」と言うと、2歳から3歳の子供は母親に笑顔で頷いていました。

 あなたは、2歳から3歳の子供のように商品・サービスを購入して貰うために粘ったことはありますか。

 あなたは、一度、お客に断られただけでビビり、その場を後にしているんではないですか。

 あなたも先程の2歳から3歳の子供のようにすれば、お客はあなたから商品・サービスを購入してくれるかもしれません。

 あなたは、お客が商品・サービスを購入してくれた瞬間、泣き止み、「ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております」と言えば、良いだけです。

 あなたは、「恥ずかしくてできません」と思っていますよね。

●男性は、女性に「分かった。本当にこれが最後だからな」と言い、女性と復縁することにし、女性の表情はにやりと笑っていました

 私は、20歳くらいの女性が人目を気にせずに、大泣きをしているのを見たことがあります。

 私は駅の改札に向かっている時、1組のカップルが少しだけ思い雰囲気で話をしていました。

 男性は冷めた目をし、女性は男性を失いたくないという目をしていました。

 男性が女性にある言葉を言った瞬間、女性は自分の感情を抑えることができなくなり、大泣きしながら、大きな声で、男性に「ねえ。どうして。私が何をしたというの。言ってくれれば直すから」と言っていました。

 男性は、女性に「もう遅いんだよ」と言い、更に女性に「勝手に泣いていろ。これでお終いだ」と言い、女性から離されていました。

 女性は、それでも泣き続け、外見から判断すると、「もう生きて行けない」という雰囲気が出ており、今にも死んでしまいそうな雰囲気でした。

 女性は、男性のことをじっと見ていました。

 男性の姿が消えそうになった時、女性は、男性がいる方向に向かって、泣きながら、大きな声で、「分かった。私が死ねば良いんでしょう」と叫び、改札の中に入ろうとしていました。

 その時、男性が慌てて女性のもとに戻って来、男性が女性に「死ぬな」と言っていました。

 女性は、男性に「だってあなたが死ねって言ったから」と泣きそうな顔で言っていました。

 その瞬間しか見ていない通行人は、まるで男性が「女性にDVをしているのか」と思うような光景でした。

 男性は慌てて、女性に「どうすれば、死ぬの辞めてくれるか」と言うと、女性が男性に「もう一回チャンスをくれたら、このまま生きる」と言っていました。

 男性は、女性に「分かった。本当にこれが最後だからな」と言い、女性と復縁することにし、女性の表情はにやりと笑っていました。

 あなたは、大好きな彼を失いそうになった時、捨て身になるように、お客に対して、捨て身になったことがありますか。

f:id:osusumeshoseki:20200331132120j:plain

●この効果は抜群です

 あなたは、「なったことがありません」と思っていますよね。

 私も店員が捨て身で商品・サービスをすすめて来た場合には、逆にひきながらも、内心「メンヘラなのかな」と思います。

 しかし、この効果は抜群です。

 その理由は、お客に強烈な印象を残すことができ、お客が商品・サービスを購入し、「良い商品だ」と判断した場合には、一生忘れずにお店に通い、商品・サービスを購入し続けて貰えるからです。

 あなたの職業は、何ですか。

 あなたの職業は、飲食業・接客業・エンターテイメントだった場合には、一歩間違えばメンヘラに見える先程の方法は、効果的です。

 しかし、あなたが一般的な商品・サービスを販売している場合には、効果が半減するどころか、令和時代の現在では110番され、あなたは「こんなはずではなかった」という思いをすることになります。

 あなたは、自分では知らない間に、商品・サービスを購入してしまったことはありませんか。

 あなたは、自宅に帰り、商品・サービスを見ると、「どうしてこんなものを購入してしまったんだ」と思ったことはありませんか。

 あなたは、慌てて返金請求できないか調べますが、返金請求できない商品です。

 あなたが、慌てて販売者に連絡するも連絡が使いない状態です。

 あなたは、確かにあなたの意思で財布からお金を出し、商品・サービスを購入したんです。

 あなたが知らないもう1人のあなたが、財布からお金を取り出し、商品・サービスを購入してしまったんです。

 あなたは、「まさか」と思いましたよね。

 あなたは、商品・サービスを販売している会場に行った時には、しっかりと財布の紐を閉めていました。

 しかし、あなたは商品・サービスの販売者の話を聞いているうちに、財布の紐を緩められ、最後には商品・サービスの販売者に「いくらですか」と商品・サービスを購入する意思を伝えてしまったわけです。

●あなたは、ダイヤモンドの価格に疑問を持ったことがありませんか

 例えば、ただの水道水をあたかも健康に良い希少性が高い水のように販売し、徐々にあなたが「健康に良い希少性が高い水だ」と信じ込まされ、ただの水道水を高い価格で購入してしまうことです。

 つまり、あなたは残念ながら、商品・サービスの販売者にマインドコントロール・洗脳されてしまったということです。

 あなたは、ダイヤモンドの価格に疑問を持ったことがありませんか。

 私は、テレビショッピングで販売員が「見て下さい。このずっしりとしたダイヤ。●カラット。素敵でしょう」と言い、「でも高いんでしょう」と言うと、「本当は●円で販売したいところなんですが、今回は勉強させて貰いました。赤字覚悟です。特別に▲円でご提供します。本当にもう勘弁して下さい」と男性が言っているのを観て、「はあ。何言っているの。そもそもダイヤモンドに値段なんかあるの」と思っています。

 あなたは、「ダイヤモンドには価格があるんです。高いものだと●百万円するんです」と思っていますよね。

 あなたは、誰からダイヤモンドの価格を教えて貰ったんですか。

 あなたは、幼少時代からテレビショッピングを観ている中で、無意識の間に、「ダイヤモンドは高価なものだ」と教え込まれたではありませんか。

 仮にあなたが、まだダイヤモンドという商品を知らなかった場合には、ジュエリーショップに行き、店員に「どうしてこの価格なんですか」と質問してみて下さい。

 ジュエリーショップの店員は、一生懸命に希少性について語って来るだけです。

 あなたは、「そうですか」とダイヤモンドを購入せずに、ジュエリーショップを後にするだけです。

 しかし、あなたがアクセサリーを付け、ジュエリーショップに行った場合には、あなたがジュエリーショップを出る時には、ダイヤモンドを購入しているかもしれません。

 あなたは、ジュエリーショップから自宅に帰り、夫にダイヤモンドを購入したことが知られないようにこっそりと隠し、夫が機嫌がいい時に、ダイヤモンドを付けます。

 あなたが、このような行動をすることは、あなたが心の中で「どうしてこんなものを購入してしまったんだろう」と思っているからです。

 裏を返せば、あなたが商品・サービスをお客に販売する時に、ここまでのセールス方法を活用した場合には、お届くべき売り上げを手にすることができるかもしれません。

 あなたは、「知りたい」と思いましたよね。

f:id:osusumeshoseki:20200308092643j:plain

●仮にあなたが悪用し、活用した場合には、お客に110番されることになるかもしれません

 今回、あなたにおすすめするビジネス書は、「説得の心理技術」です。

 「説得の心理技術」には、あなたがただの水道水を健康に良い希少性が高い水と思い込み、高額で購入した理由もしっかりと執筆されています。

 なので、あなたが悪用し、内容がない商品・サービスをお客に売るために「説得の心理技術」を活用することは絶対にしてはいけません。

 仮にあなたが悪用し、活用した場合には、お客に110番されることになるかもしれません。

 あなたが内容がある商品・サービスをお客に販売するためだけに、「説得の心理技術」に執筆してあることを活用して下さい。

 あなたは、欲しくて堪らないんじゃないですか。

 実は、「説得の心理技術」は一度、過去に完売になってしまったことがあり、あなたのように「「説得の心理技術」を欲しい」と言っているお客が、残念ながら、購入できない状態になっていました。

 しかし、この度、再び、「説得の心理技術」をあなたにお届けできるようになりました。

 あまりの反響にまた在庫切れになり、あなたは涙を飲むことになるかもしれません。

 あなたの競合は、「説得の心理技術」を購入し、売り上げを上げ、あなたは、一歩及ばずに「説得の心理技術」を購入できず、感覚的にビジネスをし、令和2年4月以降の逆風を思いっきり食らうことになるかもしれません。

 あまりの逆風にあなたのビジネスは、耐えることができずに、倒産へ追い込まれるかもしれません。

 あなたには、家族はいますか。

 あなたには、子供はいますか。

 あなたの子供は、今、何歳ですか。

 あなたは、泣き目になりながら、「早く購入させて下さい」と思っていますよね。

 私も幼少の子供がいる場合には、猶更、あなたの気持ちが良く分かります。

 なので、ここから「説得の心理技術」を購入できるようにしておきます。

f:id:osusumeshoseki:20191208115856j:plain

▼▼▼関連記事です

こちらでもビジネス書について執筆しています。