白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

令和時代の資産構築のお手伝いをします。記事代行サービスSTEP UP POST

 私は、令和2年になってからこれまで以上にブログの重大性が増したと考えています。

 その理由は、人は電車の中・歩いている時・横になっている時・テレビを観ている時でさえもスマフォを弄るのが我慢できず、暇さえあればSNSを眺めているからです。

 人は、Googleググるだけではなく、Twitterエゴサする・インスタグラムでタグるという検索の仕方も始めるようになりました。

 そのことで、人はちょっとした空き時間にSNSを指先で見、気になった投稿があった場合には、すかさずクリックし、まずはざっと記事を購読するようになりました。

 あなたは、人が文字を購読しなくなったので、記事内容も低くして良いと考えていますか。

 あなたは、SNSに執筆した記事を拡散するので、記事内容を低くしても良いと考えていますか。

f:id:osusumeshoseki:20200227084620j:plain

●情報発信者にしてみれば、記事は言ってみれば、読者へのラブレターです

 実は、SNSに執筆した記事が拡散されることが多くなっている今だからこそ、しっかりとした内容の記事が求められています。

 例えば、Twitterで140文字で伝えることができないことを記事として伝えることです。

 私も実際、Twitterで140文字で伝えることができないことを記事にし、内容も考えながら記事を執筆するようにしています。

 情報発信者にしてみれば、記事は言ってみれば、読者へのラブレターです。

 その理由は、先程執筆した通り140文字では伝えることができないことを伝えるために記事を執筆しているからです。

 あなたは、「記事の冒頭で思いを伝えれば良いということ」と思いましたよね。

 残念ながら、令和時代では記事の冒頭で思いを伝えた場合、読者は突然のことで、慌てて記事から去って行ってしまいます。

 あなたは、「だからブログは、やりたくないんだよ」と思いましたよね。

 私は、あなたがブログをしようがしまいが関係ありません。

 私は、自分がブログを始めると決めた時が、本当のスタートだと考えています。

 しかし、私があなたに伝えることができることは、あなたがブログを始めない今も、他の人はちゃくちゃくとブログを更新し、お金では資産を構築しているということです。

 令和時代では、お金が資産の全てではなくなり、ブログも資産の1つとして考えられています。

●あなたがブログを不要と考えた場合、ブログを売却することでお金を手にすることができるからです

 その理由は、あなたがブログでアフィリエイトをすることで、あなたに収入をもたらしてくれるからです。

 あなたがブログを不要と考えた場合、ブログを売却することでお金を手にすることができるからです。

 あなたは、今、自分でもどんでもないことをして来たと後悔しているんじゃないですか。

 あなたは、「もっと早くブログをしていれば、良かった」と後悔しているんじゃないですか。

 私は、そんなあなたに「まだ間に合います」と言いたいです。

 あなたは、「でも自分で記事を執筆できないよ」と思っていますよね。

 私は、あなたが記事を執筆できなくてもブログを更新できる方法を知ってます。

 私が、あなたにおすすめする方法は、クラウドソーシングサービスで外注ライターに依頼することではありません。

 私があなたにおすすめする方法は、単価は高いですが、質が高い記事が納品されるサービスです。

 私が、あなたにおすすめするサービスは、1文字6円からで1記事の文字数は1,000文字からです。

 あなたは、「最低でも6,000円ということだよね」と思っていますよね。

 私は、あなたがアフィリエイト記事を依頼すれば、6,000円は安いものだと考えることができます。

f:id:osusumeshoseki:20191204163504j:plain

●あなたが2件アフィリエイトで成約できた場合、費用対効果はプラスです

 その理由は、アフィリエイト報酬単価の中には、6,000円以上の報酬単価を設定している案件もあるからです。

 あなたが1件アフィリエイトで成約できた場合、費用対効果はプラスマイナスゼロです。

 あなたが2件アフィリエイトで成約できた場合、費用対効果はプラスです。

 あなたは、最短で2件成約させることで、記事代金を回収できるということです。

 あなたは、2件成約することはできますか。

 あなたは、「2件ならできるかも」と思い始めているんじゃないですか。

 単価報酬が低い案件だった場合には、その分多く成約させないといけません。

 しかし、あなたが最低6,000円の案件を成約させることができれば、あなたの負担も減ります。

 あなたが、一度、インタネットに放った記事は、半永久的あなたに代わって営業をし、収益をもたらしてくれるようになります。

 なので、あなたは忘れた頃に、再びアフィリエイト報酬を手にすることになることもあります。

 私が、あなたに今回おすすめしているサービスは、STEP UP POSTです。

 STEP UP POSTは、記事代行サービスです。

 あなたが契約した後、4つのステップで納品されます。

●実は、代行投稿費は、先程執筆した報酬以外にかかります

 まず1つ目は、あなたがどのような記事を希望しているのか話をします。

 2つ目は、あなたがどんな記事を希望しているのか聞いたことを基にSTEP UP POSTが記事を執筆します。

 3つ目は、STEP UP POSTが執筆された記事を確認します。

 最後4つ目は、あなたにも執筆された記事を確認して貰い、了承を得たら、STEP UP POSTがあなたに代わり記事をサイトに投稿し、納品です。

 あなたは、「え。代行投稿されるんだ」と思いましたよね。

 実は、代行投稿費は、先程執筆した報酬以外にかかります。

 代行投稿費プランは、3つあります。

 あなたの発注する頻度によって変わって来ます。

 代行投稿費プランは、最低1,500円(税抜き)から最高500円(税抜き)です。

 私が、どうして最低と最高と執筆したのか。

 その理由は、あなたが1か月にSTEP UP POSTに依頼する記事数で変わって来るからです。

 代行投稿投稿費を記事執筆費に加算したとしても、あなたが8,000円の案件の記事執筆依頼をし、最低2件成約することで、元は取れます。

 あなたは、言ってみれば半自動でブログが更新されるということです。

 あなたが、クラウドソーシングサービスで外注ライターに記事執筆を依頼したら、半自動でブログを更新されることは殆どありません。

f:id:osusumeshoseki:20200104104718j:plain

●私が、外注ライターと契約解除するまでは、凄い時間がかかりました

 外注ライターは、あなたにちょっとしたことで質問をして来たら、言い訳をし、当初決めた納品日に記事を納品して来ないこともあります。

 外注ライターが、「やっと記事を納品してきた」と思ったら、質が低い記事ということもあります。

 実際、私もクラウドソーシングサービスで外注ライターに依頼したことがあるので、このようなことまで分かります。

 私は、納期を守らず、質が低い記事を執筆してきたにも関わらず、単価交渉をして来た外注ライターを容赦なく契約解除しました。

 私が、外注ライターと契約解除するまでは、凄い時間がかかりました。

 私が、外注ライターにメッセージを送ると、即レスで言い訳が送られて来ていました。

 1日まるまる時間を取られたこともあります。

 中には、深夜にメッセージを送ってきた外注ライターもいました。

 私は、SNSクラウドソーシングサービスを使い、外注ライターに依頼することで安上がりという投稿をしているアカウント見たことがあります。

 しかし、私から言わせてみれば、「そのように言っていられるのも、最初のうち」と思いました。

 その理由は、クラウドソーシングサービスの外注サービスもSNSを使っているからです。

 そのことで、自分が発注者に不当に扱われていると分かった瞬間、発注者に単価交渉をしてくることもあります。

●あなたが、そう思った今が、STEP UP POSTに依頼するタイミングです

 私に単価交渉をしてきた外注ライターは、客観的に判断しても単価を上げる必要がない外注ライターでした。

 なので、私は外注ライターに「単価交渉をする前に、あなたはやることがあるんじゃないですか」とメッセージを送りました。

 外注ライターは、一方的に激怒し、「単価を上げてくれないのであれば、やってられません」と自分のスキルを顧みず、一方的なメッセージを送りつけて来ました。

 私は、あなたにはこのような体験をして欲しくありません。

 なので、あなたが「ブログを始めてみようかな」と思った場合には、記事執筆代行サービスSTEP UP POSTに依頼することがおすすめです。

 そのことで、あなたはストレスを抱えることなく、納品されて来る記事を待っていれば良いだけになります。

 あなたは、「記事代行サービスに依頼したいです」と思いましたよね。

 あなたが、そう思った今が、STEP UP POSTに依頼するタイミングです。

 なので、ここからSTEP UP POSTに依頼できるようにしておきます。

 あなたは、STEP UP POSTから納品された記事を購読した瞬間、「安いものだね」と思えます。

f:id:osusumeshoseki:20200227084831j:plain