白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

2回目以降は簡単にイベント集客できるリスト構築のやり方を教えます。「リスト・ビジネスの教科書」

 私は、令和2年になってからリストが大切になって行くと考えています。

 私は、平成時代から既にリストの大切さについて知っていました。

 どうして令和時代になってからリストが、大切になって来るのか。

 その理由は、簡単です。

 SNSで軽くエゴサするだけでも、どれも似たような商品・サービスが並んでいるからです。

 消費者が、似たような商品・サービスが並んでいるのを見た時、どう思いますか。

f:id:osusumeshoseki:20200218085552j:plain

●消費者は以前、お店から商品・サービスを購入し、満足したからです

 消費者は、慌てて自分が以前購入したことがあるお店を探します。

 その理由は、消費者は以前、お店から商品・サービスを購入し、満足したからです。

 消費者は、以前、購入したお店が価値がない商品・サービスを販売しないことを知っているからです。

 私は、10年以上前からリストの大切さを実感していました。

 あなたは、「え」と思いましたか。

 私は10年以上前、Facebookでイベント告知文を執筆し、イベント集客をしていました。

 私は、初めてFacebookイベント機能を使い、集客をした時にはリストゼロでした。

 しかし、私は2回目以降はリストを持っていました。

 私は、2回目以降はリストを活用し、イベント集客をしていました。

 私が、まず行ったことは、今回集客したいイベントに興味がありそうなリストに先行でイベント招待しました。

 あなたは、「イベント招待ということはサクラですか」と思いましたよね。

 私は、サクラを使ったことはありません。

 私は、先行で優先的に案内しただけです。

 私が行ったことは、通常価格10,000円のところを特別価格9,000円に1,000円だけお手頃価格にし、イベント招待しただけです。

 そのことで、直ぐにイベントに申し込みをしてくれた人もいました。

 私は、イベントに直ぐに申し込みをしてくれた人には、メッセージ機能で、振込先を案内し、振り込みが完了しないと正式な申し込みにならないことを伝えていました。

 あなたは、「よ。金の亡者」と思いましたか。

 私は、金の亡者ではありません。

●私はイベントをドタキャンする人を減らすことができました

 私は、今で言うドタキャンを防ぐために、予め参加費を支払わせただけです。

 そして、私はイベント当日に申し込み者が来なかったとしても、返金はしませんでした。

 その理由は、2次会のお店は既に人数分料理を準備しており、私が支払う代金も人数分だったからです。

 このことで、私はイベントをドタキャンする人を減らすことができました。

 あなたは、「反応しなかった人には無視ですか」と思いましたよね。

 私は、反応しなかった人にも容赦はしませんでした。

 私は、イベント招待をしてから2日・3日後にメッセージ機能で先日イベント招待をしたことを伝え、文末に再びイベントのURLを張り、メッセージを送りました。

 そのことで、慌ててイベントに申し込みをした人もいます。

 あなたは、「恫喝ですか」と思いましたよね。

 私は、恫喝をしたわけではありません。

 私がメッセージを送った人は、やたらとイベント招待が届き、イベント招待が届いても無視をしていたようでした。

 なので、私がメッセージでイベント招待をしたことを伝えると、感謝し、申し込みをして来ました。

 中には、興味を持ってメッセージ機能で詳細を質問して来る人もいました。

 私は、その人に対しても、2回・3回返信し、最終的にイベントに申し込みをするのか催促しました。

 その理由は、私があまりにもイベントの詳細を話すと、興味を持った人は、無料で情報を聴き取り、イベントには申し込みをしないということも考えられたからです。

 このことで、私はリストを増やして行きました。

 私のFacebookのリストは、アクティブなリストでした、

 あなたは、「Facebookなんてもうやっていません」と思いましたよね。

f:id:osusumeshoseki:20200218085639j:plain

●あなたは、どの媒体を使っていたとしても、リストを作ることができます

 私は、リストはFacebookに限ったことではないことを知っています。

 あなたは、どの媒体を使っていたとしても、リストを作ることができます。

 そのことで、あなたはイベントを開催する時、本当に楽に集客できるようになります。

 あなたは、一番最初のイベントの時は、少し大変かもしれません。

 しかし、2回目以降は、1日を待たずに満席できることもあります。

 このようになるには、前提があります。

 前提条件としては、1回目のイベントが価値あるイベントだったことです。

 更にあなたが、1回目のイベントでリストを獲得できていることが前提です。

 あなたは、「簡単じゃないですか」と思いましたよね。

 しかし、このような当たり前で簡単なことができていない人が如何に多いことか。

 私は、イベントを主催するだけではなく、イベントを足を運んだこともあります。

 私がイベントに足を運ぶと、SNSについての新しい情報・ブログについての情報を聞くことに夢中になり、私のリストを取るのを忘れている人もいました。

 私は、SNSの勉強会にも足を運んだことがあります。

 私は、「え。何これ」と思った勉強会もありました。

 あなたは、「どんな勉強会だったんですか」と思いましたよね。

●私は、「馬鹿だな」と思い、こっそりと席を立ち、会場を後にしました

 私が、そのように思った勉強会は、20分くらい経ったあたりから急にバックエンド商品の紹介が始まった勉強会でした。

 私は、「これからは左脳の時代になる」と言われ、「え」と思い、話を聞いていると、「共感の時代になる」と言われました。

 私は、「はいはい。共感の時代には既になっていますけどね」と思いながら、聞いていました。

 イベント主催者は、「共感の時代なので、Facebookで友達を5,000人作りましょう。そしていいねも獲得して行きましょう。そのことでインフルエンサーになれます」と言い始めていました。

 私は、「馬鹿だな」と思い、こっそりと席を立ち、会場を後にしました。

 あなたは、「いいな」と思いましたか。

 仮にあなたが、そう思った場合には、あなたはリスト構築の仕方が丸っきり分かっていないということです。

 これと似たようなことが今、令和2年にも行われています。

 あなたは、「え。そんなの見たことはないよ」と思いましたよね。

 しかし、あなたはTwitterのフォロワー数の増やし方・いいねの増やし方という投稿を目にしていませんか。

 正しくその投稿が、リスト構築の仕方を丸っきり分かっていない勉強会と同じことをしているということです。

f:id:osusumeshoseki:20200127154031j:plain

インフルエンサーとは、影響力がある人のことです

 あなたは、そもそもインフルエンサーってどのようなものなのか知っているんですか。

 インフルエンサーとは、影響力がある人のことです。

 影響力がある人と言っているだけで、何人に影響を与えていないといけないという定義はありません。

 なので、私は1人でも良い影響を与えている場合には、その人はインフルエンサーだと考えています。

 あなたは、「馬鹿じゃないの」と思いましたよね。

 あなたが、「馬鹿じゃないの」と思った段階で、リスト構築のやり方が分かっていない証拠です。

 あなたは、このままアクティブじゃないリストと言えないリストを増やして行きたいですか。

 あなたが、イベントを開催し、呼びかけをしても誰も反応してくれないかもしれません。

 あなたが、DMで呼び掛けても既読スルーされるかもしれません。

 周りから見たら、「あなたは、フォロワーを買ったんじゃないか」と思われるだけです。

 あなたは、次第に誰からも相手にされなくなります。

 あなたは、このような体験をしたいですか。

 あなたは、「嫌です」と思いましたよね。

 あなたが、「嫌です」と思う場合には、1冊のビジネス書を購読することが必須です。

 今回、私があなたにおすすめする書籍は、実質0円です。

●あなたは、90日間も試すことができます

 あなたは、90日間実質0円で購読し、実践までできてしまいます。

 あなたは、「え。いいんですか」と思いましたよね。

 私は、本来、商品・サービスを販売するとは、こういうことだと考えています。

 その理由は、あなたがいくら「価値がある」と思っていたとしても、お客からしてみたら、ただのゴミの場合もあるからです。

 あなたは、90日間も試すことができます。

 私の経験から90日もあれば、十分にビジネスで活用できるかどうか分かります。

 あなたは、少しだけ購読し、購読した範囲に執筆されていたことを実践し、再読し、実践しの繰り返しをすることで、あなたは確実に前進して行きます。

 あなたは、90日を待たずに、アクティブなリストを手にすることができます。

 90日後には、あなたは、返金請求できることさえ忘れています。

 その理由は、簡単です。

 人は、本当に価値を感じなかった場合には、3日以内に返金請求するからです。

 なので、90日後に突然、返金請求をして来た場合には、ただ無料で情報を手にしたいだけの人だったということが分かります。

 仮にそのようなことをされた場合には、ブラックリストに入れておけば良いだけです。

 今回、私があなたに紹介している書籍のタイトルは、「リスト・ビジネスの教科書」です。

 あなたは、「学校は嫌いです」と思ったかもしれません。

 私から言わせてみれば、ビジネスではまず王道を知らないと、成功はありませんです。

 あなたは、邪悪な方法ばかりしていると、気が付くと、あなたの周りから誰もいなくなっているかもしれません。

 そうならないために、今、王道を勉強し、身に付けておいた方が良いです。

 価格は、2,980円(税別)です。

 しかし、90日間返金保証がついているので、あなたは購入する時には、2,980円(税別)を支払うことになりますが、実質的に無料で書籍を手にしているのと同じことです。

 その理由は、先程執筆した通りです、

 あなたは、「欲しい」と思ったんじゃないですか。

 私が、まだリスト構築のやり方について知らなかった場合には、喉から手が出る程欲しいです。

 私は、手元に書籍が届いた瞬間、急いで、開封し、目次を確認し、直ぐに自分でも活用できそうなことから購読し、翌日には実践し始めます。

 このことで、書籍に執筆されていることが本当か嘘なのか直ぐに分かります。

 あなたにもこのような体験をして欲しいです。

 あなたが、今すぐに購入できるために、ここから購入できるようにしておきます。

 あなたは、書籍を購読し、如何に自分が愚かなことをしていたのか気が付きます。

f:id:osusumeshoseki:20200218085826j:plain