白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

1つのサイトに無料登録するだけで、数社のホームページ制作会社から見積もりが取れます。ホームページ制作.jp

 私は、令和時代からは特定の分野に特化しているサービスが需要が増えて行くのではないかと考えています。

 その理由は、平成時代から令和時代にかけ、既に商品・サービスが有り余っているからです。

 私は、Twitterを眺めた瞬間、思わず「いい加減にしたら」と思いました。

 あなたは、「何があったんですか」と思いましたよね。

 私は、令和時代になりTwitterも比較的見るようになりました。

f:id:osusumeshoseki:20200127154225j:plain

●あなたが、イメージしやすいことだとSNSの活用法です

 私が、令和時代になり、再びTwitterをよく見るようになると、似たようなサービスがたくさん販売されていました。

 あなたが、イメージしやすいことだとSNSの活用法です。

 タイトルを見ると、一見にどれも違うサービスのように見えます。

 しかし、よく考えてみると、実は目的は1つです。

 目的は、フォロワー数を増やすことです。

 それにも関わらず、少なくとも5人以上の人が、サービスを販売していました。

 私から言わせてみれば、「その話は約10年前で決着がついているから」です。

 あなたは、「え。10・10年以上前ですか」と思いましたよね。

 実は、私はWebライターとしての頭角を現す前は、今で言うSNSアドバイザーで頭角を現していました。

 私がイベントで告知文を執筆し、Facebookに流すと、1日も待たずに満席になりました。

 私は勉強会に行くと、講師が登壇する前に受講生が私に近づき、教えを乞えて来ていました。

 勉強会が終わった後も、講師の登壇後に受講生が私に近づき、教えを乞えて来ていました。

 あなたは、「え。ヤバ」と思いましたよね。

 私は、SNSネイティブではありません。

 しかし、私はSNSが海を渡って、日本に上陸したとほぼ同時にSNSに飛びつき、狂ったように使っていました。

 なので、新しいSNSがリリースされた時も、受講生が私に近づき、教えてを乞えて来た時には、「このSNSとこのSNSがありますよね。それを足したSNSです。なので、そこまで新しい情報などありません」と言っていました。

 私がFacebookに投稿したイベントも私が、講師をしたわけではなく、他の人が講師をし、1日も待たずに満席になったことについて驚いていました。

 私は、ある日、突然、SNSから姿を消しました。

 なので、私の約10年以上前のアカウントは、もうありません。

 先程執筆した通り、令和時代になってから懸命にSNSの活用についてサービスを販売している人が言っていることは、殆ど全て約10年前に結論が出ていることばかりです。

 なので、私はその人達が別々のサイトでサービスを販売するのは、辞めた方が良いと考えています。

●私は、「販売するな」とは言いません

 あなたは、「販売するなということですか」と思いましたよね。

 私は、「販売するな」とは言いません。

 私は、「1つのサイトで読者が選べるようにしなさい」と言いたいだけです。

 そのことで、本当は誰が一番優れている人なのかが一目瞭然で分かります。

 例えば、飲食店を経営している人からは、Aさんが人気があるかもしれません。

 サロンを経営している人からは、Bさんが人気があるかもしれません。

 東京都では、Aさんが人気があるかもしれません。

 沖縄県では、Cさんが人気があるかもしれません。

 つまり、ニーズによって人気度が違うということです。

 このことで、サービスを提供している人も自分が何に特化すべきか分かります。

 消費者からもサービス・商品が溢れている令和時代では、サービス・商品が選びやすくなります。

 そして、消費者は、「サービス・商品を購入して失敗した」と思うことも減ります。

 仮に消費者が「購入して失敗した」と思った場合には、サイト運営者に連絡し、サイト運営者がサービス提供者に返金するように連絡し、消費者のもとにお金が戻って来るようにすることもできます。

 あなたは、「そんなことができるんですか」と思いましたよね。

 簡単にできます。

 サイトで出品する条件に、消費者から返金請求があった場合には、速やかに返金することを入れれば良いだけだからです。

 そのことで、腕に覚えがある人だけが、出品するようになります。

 私は、このことは、ホームページ制作でも言えることだと考えています。

f:id:osusumeshoseki:20191204163612j:plain

●事前に防ぐことができるサービスがあります

 令和時代に自分で比較的お手頃価格で簡単なホームページであれば制作できるにも関わらず、平気な顔をして20万円を請求しているホームページ制作会社もあります。

 あなたが、20万円をホームページ制作に支払い、出来上がったホームページがあなたの業種に合わないホームページだったら、どう思いますか。

 あなたは、「頼まなければ、良かった」と思いますよね。

 そのようなことを事前に防ぐことができるサービスがあります。

 あなたは、「そんなサービスが世の中にあったんですか」と思いましたよね。

 私もせ弁護士・税理士・司法書士などの専門家では、このようなサービスを見たことがあります。

 しかし、ホームページ制作では、令和2年にして初めて見ました。

 サービス名もシンプルです。

 サービス名は、ホームページ制作.jpです。

 あなたは、「え」と思いましたよね。

 ホームページ制作.jpでは、地域・業種でホームページ制作会社を探すことができます。

 なので、あなたがホームページ制作会社に依頼したとしても、極端に変なホームページが納品されて来ることはありません。

 あなたは、ホームページを持っていますか。

●似たような業種では、SEOコンサルタントです

 あなたは、今のホームページに満足していますか。

 あなたは、「満足していません」と思いましたよね。

 中には、自分自身のホームページのろくに制作することができない人が、恰もホームページを制作できるかのように語り、サービスを販売しています。

 似たような業種では、SEOコンサルタントです。

 SEOコンサルタントと名乗っているにも関わらず、インスタのハッシュタグさえもろくに付けることができないSEOコンサルタントもいます。

 私は、思わず「え。SEOコンサルタントですよね」とDMを送りたくなりました。

 仮に私はSEOコンサルタントにDMを送り、そのことを指摘した場合、SEOコンサルタントは慌て私に「SEOとインスタのハッシュタグは違うんです」と返信して来ます。

 しかし、若年層は、何処から情報を手に入れているんでしょうか。

 あなたは、「インスタですか」と思いましたよね。

 若年層は、インスタを器用にGoogle検索のように使い、タグリ、自分が調べたいことを調べています。

 そして、その情報を基に行動しています。

 つまり、SEOキーワードをそのままインスタのハッシュタグに持ち込むこともできるということです。

 あなたも「なるほどね」と思いましたよね。

 なので、あなたは、SEOコンサルタントについても簡単に信じてはいけません。

 あなたは、早くホームページ制作.jpに依頼したくなったんじゃないですか。

 私もあなたのように自分でホームページを制作する時間がなかった場合には、今すぐにでもホームページ制作.jpに依頼したいです。

 季節は、いつですか。

 くしくも私が、この記事を執筆しているのは、2月です。

 2月・3月・4月と言えば、人の移動が多く、人は「新しいことを始めたい」と思うタイミングでもあります。

 あなたは、「もう時間がないんです」と思いましたよね。

 あなたが、今すぐにホームページ制作.jpに登録できるようにしておきます。

 あなたは、ホームページ制作.jp経由でホームページ制作を依頼した瞬間、他のホームページ制作会社とは違うな実感します。

f:id:osusumeshoseki:20191204163504j:plain