白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

令和時代は敢えてメッセージを減らすことでSNSで最大限の効果を発揮します。不要なメッセージがあります。「売れる脳科学」

 私は、令和時代に入ってから特に思うようになったことがあります。

 私が、令和時代になってから時に思うようになったことは、SNSについてです。

 私は、「SNSのどの媒体とは絞る必要はない」と思っています。

 その理由は、私は、今、ツイッター・インスタグラムを主に使っているからです。

 私は、自分で用事がある時にSNSにログインし、他の投稿を見るようにしています。

 その時、私は一瞬だけ投稿を見て、いいねと押しているわけではありません。

 その時、私は一瞬だけ投稿を見て、RTしているわけではありません。

 私は、裏側を考えてからいいね・RTをしています。

 なので、ツイッターにおいては自分が思に使っているアカウントでは、いいねもRTもすることが殆どありません。

 私は、ツイッターを見て、「この人はツイッターを更新し過ぎじゃないか」「こんなことをツイッターに投稿しなくてもいいんじゃないのか」と思うこともあります。

 私もその人がツイッターを更新しながらも、自分の仕事をしているのであれば、「勝手にやっていれば」と思うだけです。

f:id:osusumeshoseki:20200127154031j:plain

●私がインスタグラムに観た人の職業は、丸っきり関係ない職業でした

 インスタグラムにおいても、「どうして急に会計処理をしている動画を投稿するかな」と思うこともあります。

 私は、会計処理をしている動画を投稿した所で、意味があるのは税理士・会計士だけだと考えています。

 私がインスタグラムに観た人の職業は、丸っきり関係ない職業でした。

 私は、そこで1つの仮説が立ちました。

 あなたも気が付いたんじゃないですか。

 私が立てた仮説は、実はその人は仕事をしていないのではないかということです。

 今、丁度、自分の講座のセールスをしているので、敢えて苦し紛れにインスタグラムに仕事をしている演出を入れているだけではないかということです。

 私は、その人のことを誹謗中傷するわけではありません。

 インスタグラムで使われているハッシュタグも一過性どころか、インスタグラムで検索する人のことが丸っきり分かっていないハッシュタグばかり使っていました。

 私は、ハッシュタグSEOのキーワードには繋がる部分があると考えています。

 ここであまり詳しく執筆しませんが、両者とも読者の立場に立ち考えるということです。

 そう考えると、インスタグラムで一過性にもなっていないハッシュタグも付けることができない人がSEOのキーワードを使っているとは考えることができません。

 更に、そのような人からSEOについて教えて貰っても、何も得るものはないんではないかとも考えています。

 あなたは、「酷いんじゃない」と思ったかもしれません。

 私から言わせてみれば、自分ができていないことを他人からお金を貰って教えようとする方が酷いことです。

 ツイッターにおいても、どうでもいいことを投稿し、それで「ブランディングができたり、集客ができている」と思っている人もいます。

Googleがいつアップデートをするか分からない現代において、SNSはもはやマーケティングツールです

 私から言わせてみれば、丸っきりマーケティングについて分からないんだろうなです。

 SNSが普及した現代において、SNSはもはやマーケティングツールです。

 Googleがいつアップデートをするか分からない現代において、SNSはもはやマーケティングツールです。

 SNSで人の感情に訴えるようなメッセージではなく、「ま。取り敢えずいいねでも押しておいてあげるか」「仕方がないからRTしておいてやるか」という投稿をしても仕方がないです。

 私は、その人に「どれくらいの投稿をし、どれくらい効果がありましたか」と質問をしてみたいです。

 その人は、恐らくどの投稿が効果的だったのか。

 どの投稿は、不必要だったのか分かりません。

 その理由は、簡単です。

 「丸っきりマーケティングについて勉強しよう」と思っていないからです。

 あなたは、「書籍は購入して読んでいるんではないか」と思っていますよね。

 少し厳しいことを言うのであれば、書籍を購入し、購読するだけなら、赤ん坊でもできます。

 親が文字が読めない赤ん坊に、絵本のように読み聞かせてあげれば良いからです。

 しかし、文字が読めない赤ん坊は、いくら頭が良く、マーケティングについて薄っすら理解できたとしても、体がまだ言うことを聞かないので、実践することはできません。

 なので、親に新しい書籍を読み聞かせてくれるようにおねだりをするだけです。

 あなたは、何となく気が付いたんではないですか。

 私があなたに言いたいことは、「書籍をたくさん購読しても意味がない」ということです。

 1日4冊書籍を読んだとSNSで投稿されても、私は「あ。そう。何が分かりましたか」としか思っていません。」

 私は、書籍を購入するお金は十分にあります。

 しかし、敢えて私は、書籍を中々購入しません。

 その理由は、私は1冊の書籍に書かれていることを何度も実践し、再読し、自分の血とし、肉としようとしているからです。

 なので、私は余程のことがない限り、どうでも良いことをSNSに投稿することはありません。

 私は、最近SNSの運用を任されました。

f:id:osusumeshoseki:20200127154134j:plain

●あなたは、「不可能だ」と思いましたよね

 私は、フォロワーゼロから依頼され、結果を出さないといけない時期は、7日後でした。

 あなたは、「不可能だ」と思いましたよね。

 しかし、私は結果を出しました。

 私はフォロワー数には、着目せずに、ハッシュタグ・効果的なメッセージに着目し、SNSの投稿をしました。

 その結果、フォロワーはそこまで増えなかったもののコンバージョン率がほぼ100%の濃いフォロワーを付けることができました。

 私が運用を任されたSNSのフォロワー数は、少ないです。

 しかし、ハッシュタグと効果的なメッセージを活用し、無駄な投稿はせず、無駄ないいね・RTもせずに運用をし、濃いフォロワーの力を借り、●倍もの人へ投稿を届けることができました。

 これが何を意味するか分かりますか。

 SNSで、フォロワーを増やすだけの投稿をしていても意味がないということです。

 私がフォロワーを増やすだけの投稿をしていた場合、7日間で結果を出すことはできませんでした。

 あなたは、どうですか。

 あなたは、1日50投稿していませんか。

 あなたは、毎日投稿をしていませんか。

 からしてみれば、「いつのSNS活用法をやっているんですか」です。

 もはやそのような投稿をSNSで行っていても、ビジネスに結びつく可能性は低く、仮にビジネスに結びついたとしても、知らない間に客観的見たら、「あの人利用されているだけじゃないか」という状態になるだけです。

 あなたは、自分がSNSで投稿した分だけは最低限でも効果を実感したくありませんか。

 あなたは、「したいです」と思いましたよね。

 私もSNSについて相談を受けることがありますが、「フォロワーには着目しない方が良い」と口を酸っぱくして言っています。

 その理由は、先程執筆した通り、もはやフォロワー数は何の価値も持たなくなりつつあるように思えているからです。

 そのことを分からずに、「未だにフォロワー数を増やすことは大切である」という投稿を鵜呑みにし、その人が販売している情報を購入していたら、あなたはカモです。

●あなたは、1項ずつ購読し、書籍に書かれていること・気が付いたことを実践し、戻ってきたフィードバックを基に再読し、再テストすれば良いだけです

 あなたはが、その人としんじゅするつもりなら、私は何とも思いません。

 令和時代にその人としんじゅしたら、悲惨です。

 平成時代よりも格差が、激しい時代になって行きます。

 フォロワー数が多いからという理由で、上層階級にいれるわけではありません。

 あなたは、フォロワー数は大いにも関わらず、所謂負け組になっていることもあります。

 あなたは、そのような体験をしたいですか。

 あなたは、「したくありません」と思っていますよね。

 あなたが今、もっとも勉強し、身に付けないといけないことは、効果的なメッセージと効果がないメッセージとは何かということです。

 そのことで、あなたは以前に比べ、SNSでの投稿数を減らしたにも関わらず、利益が上がることになります。

 正しくこれが、必要最小限の努力で最大限の利益を出すということではありませんか。

 今回、私があなたに紹介している書籍は「売れる脳科学」です。

 あなたは、「脳科学は難しいよね」と思っているかもしれません。

 私も目次を簡単に確認しましたが、マーケティングについての書籍で、少しだけ脳科学について執筆してあるだけです。

 なので、難しいことはありません。

 あなたは、1項ずつ購読し、書籍に書かれていること・気が付いたことを実践し、戻ってきたフィードバックを基に再読し、再テストすれば良いだけです。

 そのことで、あなたは書籍の2,980円(税別)よりも遥かに超える利益を受け取ることができるようになります。

 しかも、今回紹介している書籍は、あなたは、90日以内に出版社に連絡することで、全額返金して貰えます。

 あなたが、「書籍の内容が難しすぎて自分にはまだ早い」と思った場合には、素直に出版社に連絡し、全額返金して貰いましょう。

 決して、あなたは「無理に読み進めよう」と思わないことです。

 あなたは、「売れる脳科学」が欲しくて仕方がなくなってきているんではないですか。

 あなたも「売れる脳科学」を購読し、執筆していることを身に付けることで、私のように7日間で結果を出すことができるようになります。

f:id:osusumeshoseki:20200127154225j:plain