白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

初めて外注ライターに依頼する場合には、記事代行サービスがおすすめです。まずは記事作成相談を無料でできます。ALVO

 私は、令和元年12月から令和2年1月にかけてあることを危惧しました。

 私が令和2年1月にかけて危惧したことは、記事外注依頼についてです。

 あなたは、「記事外注依頼にどうして危惧したのか」と思いましたよね。

 あなたは、令和2年1月になってからSNSエゴサしていますか。

 あなたが、令和2年1月になってからSNSエゴサしたのであれば、私がどうして記事外注依頼に危惧したのか分かります。

f:id:osusumeshoseki:20191204163347j:plain

●私は「まさかこんなに早く起きる」とは思っていませんでした

 実は、私は令和2年1月になってからその投稿を見つける前から、今回のようなことが起きることを予想していました。

 しかし、私は「まさかこんなに早く起きる」とは思っていませんでした。

 私は、今回、外注記事依頼サービスの良し悪しについて執筆するわけではありません。

 私は、ある中学生が外注ライターを探している方法について、「あなたには、まだその方法で外注ライターを探すのは早い」と思ったので、外注ライターの探し方について執筆します。

 あなたは、「中学生が外注ライターを探していたの」と驚いていますよね。

 私もSNSで中学生が堂々と自分が収入を上げた方法についてまとめ販売し、中学生から大人までが慌てて購入しているのを見た時には、驚きました。

 参考までにその中学生は、1か月で約300万円稼いだようです。

 私は、中学生に対して、「300万円を自分の欲望を満たすためだけに使うのではなく、次のビジネスにいかすように使って欲しい」とも思っていました。

 そんな矢先に、中学生が外注ライターを募集していました。

 中学生は、自分のSNSで外注ライターをしたい人は、コメント・DMをして下さいと投稿していました。

 その結果、中学生に基に応募した人の倍率は10倍以上でした。

 応募者は、中学生から大人までいました。

 私は、1つ危惧することがありました。

 中学生が外注ライターを探している旨の投稿をした時、1記事の報酬について投稿していませんでした。

 外注ライターに応募した人が、中学生だった場合には、「勉強のために1記事の単価が自分が想像していた報酬よりも安かったとしても、仕方がない」と思うかもしれません。

 しかし、外注ライターに応募した人が、大人だった場合には、「え。もっと出せるでしょう。ビジネスを舐めているんじゃない」と言って来ることがあるかもしれません。

 中学生が選定した外注ライターが、大人だった場合には、提出して貰った記事に中学生が納得できず、記事の修正依頼をした場合、「お前みたいなガキに言われたくない。記事修正報酬を別途支払えよ」と言われる可能性もあります。

 その時、中学生が大人に対して、「それはできません。ライターの仕事とは、こういうものです」と言ったとしても、大人は中学生に「此間、あんだけ稼いだんだから、少しだけ大目に見てくれても良いじゃないか」と言って来るだけかもしれません。

 そのことで、中学生は自分が納得できない記事を納品され、矢もなく報酬を支払うことになるかもしれません。

 報酬の支払い方法も、少し考えないといけません。

 銀行振込だった場合には、最低でも外注ライターの本名を知る必要があります。

 現金書留だった場合には、外注ライターの住所なども知っておく必要があります。

 LINEペイの場合には、外注ライターと友達になっておく必要があります。

 Amazonギフトの場合には、辛うじてSNSのDMで支払うことができるかもしれません。

 しかし、一般的に発注者が外注ライターに報酬を支払う方法は、現金です。

 なので、Amazonギフトで報酬を支払うためには、外注ライターに納得して貰う必要があります。

 私が自分で外注ライターを探した場合には、LINEペイで支払います。

 その理由は、外注ライターに直ぐに報酬を支払うことができ、外注ライターも直ぐに報酬を受け取ることができるので、「報酬を受け取ってない」と言われる可能性が低いからです。

 しかし、私は初めて外注ライターを活用する場合には、個人で外注ライターを探すことはおすすめしません。

 私は、クラウドソーシングサービスもしくは記事代行サービスを活用することをおすすめします。

 あなたは、「クラウドソーシングサービスか」と思いましたよね。

 私が、どうしてクラウドソーシングサービスをおすすめするのか。

●発注者と受注者間でトラブルが起きた時には、運営会社に相談し、解決することができるからです

 その理由は、簡単です。

 発注者と受注者間でトラブルが起きた時には、運営会社に相談し、解決することができるからです。

 あなたは、「意外」と思いましたよね。

 実際、私はクラウドソーシングサービスで発注者とトラブルになりました。

 具体的な内容について執筆することはできませんが、発注者が仕事の途中で、私に無理難題ばかりを一方的にメッセージで送りつけ、私が発注者に「今回は契約解除しましょう」と返信しました。

 発注者も私に意見に同意をしたにも関わらず、一度、私に発注した依頼内容をキャンセルしたにも関わらず、5分後に再び私に仕事を発注して来ました。

 5時間以上クラウドソーシングサービス内のメッセージ機能を使い、発注者と話合いをしました。

 しかし、発注者はのらりくらりとし、私のクラウドソーシングサービスのアカウントをまるで監視しているようでした。

 そこで、私はクラウドソーシングサービスの運営会社に全てのことを伝え、クラウドソーシングサービスの運営会社に仲介に入って貰い、解決しました。

 これがクラウドソーシングサービスを活用した場合のメリットの1つです。

 他にクラウドソーシングサービスを活用した場合のメリットを上げるとすれば、あと2つあります。

 1つは、報酬の支払い方法です。

 発注者はクラウドソーシングサービスに前払いをし、受注者は仕事を完了した後、クラウドソーシングサービスから報酬を受け取ることになります。

 なので、発注者・受注者はともに本名など知る必要はなく、ハンドルネームだけ知っていれば十分ということになります。

 もう1つは、外注ライターの選定方法です。

 発注者がクラウドソーシングサービスに仕事依頼内容を掲載すると、条件を見た外注ライターが確認し、「仕事をしたい」と思った場合には、提案し、自分を選定して貰うために、ブログを運営している場合には、ブログのリンクを掲載して来ることもあります。

 このことで、提案して来た外注ライターの執筆スキルを基準に選定することができ、選定外の外注ライターには、1人1人メッセージに選定外になったことを伝えれば、済みます。

 なので、個人で外注ライターを探している時のように、「お前に何が分かるんだよ」「納得できないね」など言われる可能性は低いです。

 しかし、中には、クラウドソーシングサービスで外注ライターとやり取りをすること自体、億劫に思うこともあります。

 その理由は、外注ライターのビジネス経験が浅い場合には、「自分で判断してくれないかな」と思うようなことでも、ほぼ毎日のようにメッセージが届くからです。

 また中々記事を納品して来ない外注ライターもいるので、そういった場合には、発注者から外注ライターに連絡し、進捗状況などを確認しなければならないからです。

 最悪、外注ライターが発注者に「記事が執筆できません」と言ってきた場合には、発注者はその場で、外注ライターに契約解除を伝えないといけなくなります。

 中学生が、大人相手に契約解除を伝えることができるんでしょうか。

 あなたが中学生だった場合には、大人に契約解除を伝える勇気と大人に誹謗中傷を言われても心が折れない覚悟がある場合には、クラウドソーシングサービスで発注者デビューをしても良いかもしれません。

 あなたが、勇気と覚悟がない場合には、クラウドソーシングサービスではなく、記事代行サービスをおすすめします。

f:id:osusumeshoseki:20190908140925j:plain

●発注者としては一番気を付けているコピペ記事についてもチェックされた記事が納品されて来ます

 その理由は、あなたは外注ライターと一切連絡を取る必要がないからです。

 また一定の質が保証された記事が納品日に納品されて来るからです。

 記事代行サービスがあなたとやり取りする時も、丁寧に対応してくれます。

 記事代行サービスからしてみれば、あなたが中学生がであろうが、お客だからです。

 記事代行サービスがあなたの機嫌を損ねることをし、他の記事代行サービスに依頼されることを避けたいからです。

 あなたは、知っているか分かりませんが、記事代行サービスはたくさんあります。

 私も最低でも3つの記事代行サービスを知っています。

 しかし、私はあなたが初めて記事代行サービスに依頼するのであれば、このサービスだろうなというサービスは1つしかありません。

 私が今回、あなたに紹介するサービスはALVOです。

 ALVOでは、1文字単価が1.4円です。

 発注者としては一番気を付けているコピペ記事についてもチェックされた記事が納品されて来ます。

 あなたは、「お金を支払ってから話を聞いて貰えるんですよね」と思っていますよね。

 ALVOでは、そんなことはありません。

 ALVOでは、まず担当者があなたの話に耳を傾け、あなたがどんな記事を求めているのかヒヤリングをします。

 ヒヤリング後にあなたは、発注したい記事の具体的イメージを持ったまま発注することができます。

 ここまでは、あなたはALVOにお金を支払う必要はありません。

 あなたは、ALVOがあなたの発注内容を確認し、メールを送って来てから、提示された価格を初めて支払うことになります。

 なので、あなたがALVOから提示された価格に納得できない場合には、正式発注せずに、キャンセルすることで、お金を支払わずに済むこともあります。

 あなたは、ホッとしたんじゃないですか。

 あなたは、「内訳も良く分からない状態で、記事代行サービスから言われた価格を一番最初に振り込まないといけない」と思っていたんではないですか。

 ALVOであれば、先程執筆した通り、ヒアリング・仮発注までは、あなたは1円もお金を支払う必要はなく、ALVOから提示される価格の内訳もきちんと理解した状態であなたは、ALVOに正式依頼できます。

 あなたが不安な場合には、両親にALVOからの提示された価格を確認して貰っても良いかもしれません。

●あなたは、若さ故に、価格に目が行くかもしれません

 両親はあなたに「ビジネスをすることを許しんだ。これくらいの価格だったら、自分で適正価格か判断しなさい。それも勉強だ」と笑いながら言うかもしれません。

 私から言わせてみれば、適正価格を知らずに発注することは大変危険なことです。

 なので、あなたはALVOに記事作成相談をした後、最低でももう1社に記事作成相談をした方が良いです。

 あなたは、若さ故に、価格に目が行くかもしれません。

 しかし、私は最低でもあなたの2倍は人生を長く行き、あなたよりも長くビジネスをしているので、軽くアドバイスをしておきます。

 価格だけで評価すると、納品された後、あなたは「こんなはずではなかった」と後悔することになるかもしれません。

 丸っきり同じ記事代行サービスは、ありません。

 なので、あなたは価格以外にサービスもしっかりと確認して下さい。

 あなたが「いらない」と思っているサービスばかり付いている記事代行サービスには依頼しなければ良いだけです。

 あなたが記事代行サービスから提示された価格に納得できない場合には、依頼しないというのも1つの大切な判断です。

 その理由は、あなたはボランティアで記事代行サービスに依頼しようとしているわけではないからです。

 あなたは、「分かりました」と思いましたよね。

 あなたが初めて外注ライターを探している場合には、個人で探すのではなく、今回紹介している記事代行サービスALVOに依頼することがあなたにとっては、最善の方法かもしれません。

 あなたが、「ALVOに記事作成相談だけでもしてみようかな」と思った時のために、ここから相談できるようにしておきます。

 あなたは、ALVOに問い合わせをした段階で、「個人で外注ライターを探さなくて良かった」と安心するかもしれません。

f:id:osusumeshoseki:20190908141105j:plain

 ▼▼▼関連記事です

こちらでは、ホームページ制作について執筆しています。

 

こちらでも記事執筆サービスについて執筆しています。

 

こちらでは、アフィリエイト代行サービスについて執筆しています。