白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

高畑充希演じるサクラ主演ドラマ「同期のサクラ」第7話を観て、「サクラに訪問介護サービスクラウドケアを教えてあげたい」と思いました

 私は先日、高畑充希演じるサクラ主演ドラマ「同期のサクラ」第7話を観ました。

 私はドラマ「同期のサクラ」第7話を観ている中で、サクラのじっちゃんの体調が気になり始めました。

 その理由は、ドラマ「同期のサクラ」第7話以前の話から、サクラのじっちゃんが実は体調が悪い場面が放送されていたからです。

f:id:osusumeshoseki:20191122114048j:plain

●サクラは東京では、改ざんされたデーターの書類を見せられ、「これなら安心ですね」と胸に夢を膨らませながら、島へ行きました

 サクラはサクラのじっちゃんが実は体調が悪いことを知らず、辛いことがあった時には、サクラのじっちゃんにFaxを送り、助けを求め、「じっちゃんのコロッケが食べてえ」と言っていました。

 ドラマ「同期のサクラ」第7話ではサクラが夢の1つである橋を架けるために島に行くことになりました。

 サクラは東京では、改ざんされたデーターの書類を見せられ、「これなら安心ですね」と胸に夢を膨らませながら、島へ行きました。

 しかし、サクラと一緒についてきた同期の1人が「サクラ。実はこれを見て欲しいんだ」と書類を渡すと、サクラは混乱し始めました。

 サクラが目にしたのは、改ざんされる前のデーターであり、サクラは「このまま島に橋を架けてしまうとサクラを育てて来てくれた島民の安全が脅かされる」と思いました。

 サクラは同期に「どうすればいいの。分からないよ」と助けを求めますが、回答は出ませんでした。

 同期がサクラに「こういう時は、サクラのじっちゃんに相談した方が良い」と言い、サクラは慌てて家に戻り、サクラのじっちゃんに相談しようとしました。

 しかし、サクラのじっちゃんはサクラに「お前がやりたいようにすればええ」と言いました。

 サクラは悩みに悩んだ末、島民に「この島に橋が架かることはありません」と泣きながら言いました。

 その理由も語り、サクラは抜け殻になりながらも、家の玄関では笑顔を作り、家の中に入りました。

●サクラはサクラのじっちゃんに「ねえ、じっちゃん。目を覚ましてよ」と泣きながら言っていました

 サクラは家があまりにも静かだったので、「じっちゃん。いらんのか」と言いながら入って行きました。

 しかし、次の瞬間、サクラは見たくもないものを見てしまいました。

 それは、冷たくなったサクラのじっちゃんでした。

 サクラはサクラのじっちゃんに「ねえ、じっちゃん。目を覚ましてよ」と泣きながら言っていました。

 サクラがこのような状態になったのは、どうしてでしょうか。

 それは、サクラがサクラのじっちゃんが本当は体調が悪いことを知らなかったことに原因があります。

 また、サクラのじっちゃんと親しくしていた高齢の女性にも問題があります。

 サクラのじっちゃんは、薬を飲むことも嫌い、島から出た本島の病院で診察して貰うことも嫌がっていました。

 そのことをサクラのじっちゃんと親しくしていた高齢の女性は、知っていたにも関わらず、サクラには教えませんでした。

 仮にサクラがサクラのじっちゃんが体調が悪いことを知っていたら、どうしたでしょうか。

f:id:osusumeshoseki:20191122114156j:plain

●そして、サクラは自分の目で見、「サービスが悪い」と思えば、首を傾げ、他のサービス会社へ問い合わせをしていたかもしれません

 サクラはこれまで育ててくれたサクラのじっちゃんのために、インターネットで島で介護してくれるサービスはないか探したかもしれません。

 そして、サクラは自分の目で見、「サービスが悪い」と思えば、首を傾げ、他のサービス会社へ問い合わせをしていたかもしれません。

 仮に「サービスが良い」と思えば、サクラは安心し、東京で仕事をし、サービス会社からの報告を聞き、「いいです。非常にいい」と言うかもしれません。

 サクラのような女性は現実世界にいるか分かりませんが、私は少しでもサクラに認めて貰うためにインターネットで介護サービスについて調べてみました。

 その結果、私は見つけてしまいました。

 私も数年前に実母を無くした経験があるので、介護サービスにはサクラに負けないくらいうるさいです。

 私が見つけた瞬間、「いいです。非常にいい」と思ったサービスは、クラウドケアです。

 その理由は、家事代行サービス・通院付き添いもあるからです。

 仮にサクラのじっちゃんがクラウドケアのサービスを利用していた場合、サクラはサクラのじっちゃんの体調について知ることができ、もっと長くサクラのじっちゃんと一緒に過ごすことができたかもしれません。

 サクラのじっちゃんと親しくしていた高齢の女性の職業は知りませんが、介護については素人ぽかったです。

 そう考えると、ドラマで、サクラのじっちゃんと親しくしていた高齢の女性が、サクラのじっちゃんが体調が悪いにも関わらず、病院に行かなくても、薬を飲まなくても、あまりうるさく言わず、サクラにもそのことを言わなかったことが理解できます。

 あなたもドラマ「同期のサクラ」第7話を観た時、思わず泣いてしまったんではありませんか。

●いずれにしても、私やサクラのように後で後悔しても、やり直せるわけではありません

 あなたは、離れている両親を思い出し、「あのようなことになってしまったら」と想像してしまったんではありませんか。

 あなたは、隣で一緒に観ている両親を見て、「お願いだから、何かあったら話してね」と言ったんではありませんか。

 あなたは、「仕事に忙しいので、介護サービスを利用しよう」と思ったんではありませんか。

 いずれにしても、私やサクラのように後で後悔しても、やり直せるわけではありません。

 私も実母が本当はどんな状態だったのかは、無くなる数週間前に初めて親族から知らされ、放心状態になり、亡くなった時には涙さえ暫く出ませんでした。

 私が本当のことを知っていたら、クラウドケアがあった時であれば、親族に「クラウドケアに話を聞いてみようよ」と言ったかもしれません。

 サクラもドラマの中でクラウドケアがあった場合には、「じっちゃん。心配だべ。クラウドケアというじっちゃんに合いそうなサービスがあるから相談してみるっぺ」と言っていたかもしれません。

 あなたが今、利用している介護サービスはどうですか。

 あなたの家族を人間として、接していますか。

 あなたがいない時には、家族に向かって、「おい。早くしろよ」と言っているのではありませんか。

 あなたが戻ると、家族の目が少し泣いた跡があったりしたことはありませんか。

 あなたは少し心配になりましたよね。

f:id:osusumeshoseki:20191122114249j:plain

●あなたは「クラウドケアに相談してみようかな」と思いましたよね

 あなたがそう思ったならば、家族ももっと心配に思っているかもしれません。

 あなたが家族に変わってクラウドケアの話を聞き、今利用している介護サービスと比べ、どちらが家族に合っているサービスか決めてあげればいいではありませんか。

 そのことでかつては少し暗い表情をしていた家族が、明るくなるかもしれません。

 あなたは「クラウドケアに相談してみようかな」と思いましたよね。

 あなたが間違えて違う介護サービスに相談してしまうといけないので、ここからクラウドケアに相談できるようにしておきます。

 あなたはクラウドケアを利用し始めた時から、家族の態度が変わることに気が付くかもしれません。

(参考 ドラマ「同期のサクラ」公式サイト

f:id:osusumeshoseki:20191122114326j:plain