白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

受験生こそSNS活用し成績が伸びる理由が分かる一冊。三田紀房作マンガ「ドラゴン桜2」

 「うまく説明できないのは、口下手だからです」と思っていませんか。確かにそのように考えることもできます。しかし、うまく説明できないのは、口下手が原因だと一概に言えません。こんなことを書くと「口下手以外の原因は何ですか」と言うかもしれません。

 ここでは三田紀房作マンガ「ドラゴン桜2」を通して、うまく説明できない原因が、口下手以外にあることを説明して行きます。

  • 人に説明することで浮き彫りになることとは

 高校生2人が大学に現役に合格するために、懸命に勉強をしています。1人はお調子者の女子生徒、早瀬(以下早瀬)。もう1人は真面目だがネガティブ思考の男子生徒、天野(以下天野)です。

 この2人に教師、水野(以下水野)がこれまで学習してきたことを選択し、前に出て説明するように言いました。2人の生徒は水野が言っている意味が分かりませんでした。しかし、水野に言われるがままに前に出て説明することにしました。

 早瀬は難なく説明し、聞き手も何を言いたかったのかがしっかりと理解できていました。しかし、天野が前に出て説明すると、場の空気が変わりました。まず、天野に異変が起きました。天野自身が自分で何を言っているのか分からなくなり、パニックになりかけました。それを聞いていた聞き手も、天野が何を言いたいのかまるっきり分からず、混乱していました。

 この状況を見ていた水野が天野に質問しました。水野は天野に「お前は理解していたのか」と質問しました。天野は水野に「理解していませんでした」と返答しました。天野は水野に怒られると思っていました。しかし、水野は今回の一件で天野の不得意な分野が浮き彫りになったと嬉しそうでした。

 

  • 「YouTuberになれ」の真意とは

 別の教師、桜木(以下桜木)は続けて天野に衝撃的なことを言いました。桜木は天野に「お前はYouTuberになれ」と言いました。それを聞いた天野は最初少し動揺していました。しかし、覚悟を決め、YouTuberになることにしました。

 桜木は天野に思い付きで「YouTuberになれ」と言ったわけではありません。YouTubeを通し、天野が勉強したことを説明することで記憶に残ります。また、うまく説明できなかった箇所については不得意と分かり、そこを重点的に勉強して行けばよいと分かることが真の狙いです。

 また早瀬に対しても桜木は容赦しませんでした。早瀬にはキャラクター設定まで指定し、Twitterに毎日英文を投稿することを伝えました。桜木が早瀬にTwitterに投稿することを伝えた真の狙いも弱点を把握することです。

 2人は桜木に言われるがままにSNSを活用しながら、受験勉強をすることにしました。

 

  • 受験生こそSNSを活用すべきです

 私が三田紀房作マンガ「ドラゴン桜2」を購読するきっかけになったのは、ドラマ「ドラゴン桜」を観たことです。ドラマ「ドラゴン桜」では所謂劣等生と言われている生徒を集め、現役東大合格を目指すクラスを作ることから始まります。最初生徒は感情に流され、好き勝手なことばかりをしていました。

 しかし、勉強を続けて行くうちに、知識を得たことで物事の見え方が変わり、少しずつ周りの人の自分たちに対する接し方も変わってきたことに気が付き始めました。私はドラマで、その変わりようを観て、人は知識を得ると変わることができることを再度認識しました。

 私自身も大学時代に塾講師のアルバイトをしたことがあります。その際、劣等生と言われる生徒を受け持ったことがありました。しかし、その生徒に分かる目線で知識を教えることでメキメキと成績が伸びて行ったことを体験しました。

 現代はSNSをいう便利なツールがあります。そのツールをうまく活用することで一人では勉強が続けるのが難しくなったとしても、自分がどれくらい勉強してきたのかを一目で把握できるので、挫折せずに続けることもできます。

 SNSはただのコミュニケーションツールと思っている方は、今すぐに活用方法を見直してみるのも良いかもしれません。

 仮にあなたが受験生だった場合には、今回紹介したマンガ「ドラゴン桜2」の早瀬・天野のようにTwitterYouTubeを活用し、勉強をしてみるのも良いです。きっと見え方が変わります。

 


ドラゴン桜2(5) (モーニング KC) [ 三田 紀房 ]