白紙書店.com

本書店のコンセプトは「出版することで輝くことを応援する」です。

プログラム言語の基礎Pythonが学べる一冊、伊藤裕一著「たった1日で基本が身につく!Python超入門」

 私が伊藤裕一著「たった1日で基本が身につく!Python超入門」(技術評論社)を手に取ったきっかけは、Pythonというプログラム言語を勉強することでした。

 実際に本書を実践してみると、Pythonの始め方・変数などの基礎の基礎からクラスやオブジェクトまでこの一冊で一通りの基礎を学ぶことができました。

 私が実際に行った結果、タイトル通りに1日で理解することは流石に難しいと感じました。

 しかし、1週間から2週間じっくり実践することで理解が進むと思いました。

 流石プログラム言語Pythonの書籍だけあり、Pythonの基礎だけではなくプログラミングの基礎も同時に学ぶことができました。

 私のオススメの購読方法はコードを実際に記述しながら読み進めることです。

 その理由はプログラミングの基礎的な話から始まり、徐々に応用的な話になっていくという構成になっているからです。

 本書でPythonの基礎とプログラミングの基礎を学べます。

  Python初心者でも基礎を理解しやすいオススメの一冊です。

  是非、読んでみてください。

f:id:osusumeshoseki:20190519122822p:plain